耐火性

左から右へ①CPT-2000塗布済み ②未施⼯ ③未施工 ④CPT-2000塗布済み

テストコンクリートサンプルCPT-2000 を塗布したもの、未施⼯のものそれぞれ2本ずつをガソリンに48 時間沈め、その後8 時間に渡り⽕中に投⼊しました。


次に、消⽕から10時間後にシリンダーの圧縮強度を測定しました。


右図:⽕災による質量損失のグラフ


右図:⽕災のよる圧縮強度の低下のグラフ